アクセス

当院へのアクセス

当院への経路図
写真:パインセントラルビル入口前
 1階の喜多方ラーメン屋さんとクリニックの看板が目印です

便利な様に、A4・1枚に印刷してお持ち頂けるようなページをご用意して御座います。
「順路のご案内」をクリックして、表示された画面を印刷ください。

最寄駅

都営浅草線・宝町駅
A7番出口 徒歩1分
東京メトロ銀座線・京橋駅
6番出口  徒歩2分
東京メトロ有楽町線・銀座一丁目駅
7番出口  徒歩6分
東京メトロ日比谷線・八丁堀駅
7番出口  徒歩6分
JR各線・東京駅
八重洲南口 徒歩9分
東京メトロ東西線・日本橋駅
C6番出口  徒歩13分


御当地案内

京橋について

写真:京橋の擬宝珠

“お江戸日本橋”…という言葉は有名ですが、京橋も日本橋と同じ慶長八年(1603)に京橋川に架けられたそうです。

幕府が維持管理した橋で、親柱・小柱に擬宝珠(ギボシ)をつけることが許され、明治8年(1875)にアーチ型の石橋に架け替えられたそうですが、昭和34年の高速道路建設建設による京橋川の埋め立てと共に橋も消え、今では親柱だけが遺跡として残されております。

現在の中央区は1847年に制定された東京15区の中の日本橋区(日本橋、人形町、兜町など)と京橋区(京橋、銀座、勝どき、月島など)が相当し、1947年に両区を併せて現在の中央区となりました。
医師会も変遷を辿り、京橋区中心の医師会が現在の中央区医師会となりました。

詳しくは、中央区医師会のホームページをご覧下さい

院長からのご挨拶

銀座と日本橋の間に挟まれ、今では川も埋め立てられ、擬宝珠(擬母子)や欄干のある橋が架って居る風景も無い京橋ですが、近代的なオフィス街であると同時に、下町風な気質や人情味あふれる町です。

江戸の昔から続く由緒ある町。 京橋の良さ、街の風に一人でも多くの方に触れて頂きたい。 私も60歳を過ぎて“定年扱い”で青年部からは追い出されましたが・・・(^_^.)・・・“京橋一(はじめ)会”の会合はいつも楽しく盛り上がり、一人一人の思いが大きなエネルギーになります。京橋を愛し、京橋の町の発展を願っていらっしゃる方、是非、はじめ会にご参加ください。